3次元測定機の選び方

話題の3次元測定器を導入したいと考えている企業も多くあるのではないでしょうか。
では、3次元測定器を導入する場合には、どのようなところに着目するといいのでしょうか?

ここでは、3次元測定機を導入する場合に最も着目すべきポイントである、「測定精度」と「導入実績」についてご紹介しましょう。

3次元測定機を選択する場合には、いくつかのポイントがあります。
3次元測定機を選択する場合のポイントとしては、測定精度は高いか、使途に応じたタイプやスペックか、豊富に導入実績があるか、充実したサポート体制になっているか、気がかりなコストパフォーマンスや価格はどうか、などが挙げられます。

しかし、チェックが特に必要であるのは、間違いなく測定精度、導入実績でしょう。
どのような使途の場合でも、非常に測定精度は大切です。
測定精度が高いほど、精密にリバースエンジニアリングや品質管理を行うことができます。

また、よりリアルな3Dモデルも作ることができます。
一方、測定精度が高くなければ、最終的にコストに見合った結果を得ることができません。

また、スペックのみを確認しても、実際に使用してみなければいいかどうかは十分に把握できないのが現実です。
そのため、どれだけの多くの会社がその3次元測定器を導入して、使用しているかを確認するのが成功する3次元測定機を選択するための早道になります。

従来は、測定器は接触タイプのものの方が測定精度が高いと言われていました。
しかし、非接触のハンディタイプで測定ができる測定器の方が、非常に測定精度が最近は高くなっています。
その3次元測定器を導入する会社が多いというのは、いいスペックであったり、いい使い勝手であったりするなど、理由が何らかあるでしょう。 特に、一流の会社や大きな会社が導入している3次元測定器がおすすめです。

このように、3次元測定器を選択する場合に非常に大切なポイントは、「測定精度」と「導入実績」であるということが言えるでしょう。
しかし、このような大切なポイントについて、非常に多くある3次元測定器をそれぞれチェックするのは非常に大変になります。
そのため、ネットなどでは、測定精度、導入実績ともに優れている3次元測定器のおすすめのものを紹介しているようなサイトもあります。

いずれの3次元測定器も優れたものであるため、ぜひ確認してみましょう。