CNC(マシニング)を使うメリット

CNC工作機械を使うとどのようなメリットがあるのでしょうか?
ここでは、CNC工作機械を使うメリットについてご紹介します。

生産性がアップする

CNC工作機械を使うことによって、従来は加工する場合に人がレバーやハンドルなどで操作をしていたものを自動で行うことができます。
自動で行うことができるので、機械が作業をしている時に別の機械をセットしたり、他の作業をしたりできるため、1人で同時にいくつものの機械を操作することもできます。
そのため、生産性がトータルでアップして効率が良くなります。
また、加工するスピードもコントロールできるため、加工する時間や生産の管理なども容易になり、計画も立案しやすくなります。

品質が安定する

加工を手動操作で行う場合には、やはり個人によって寸法や面状態が違ってきます。
しかし、自動で行えば、加工が同じ条件でできるため、仕上がりが個人によって違いがなくなり、品質が安定します。
そのため、量産加工の場合に向いており、加工を自動で行うため、人の操作間違いによる不良の低減にもなります。

加工は複雑なものができる

最大のCNC工作機械を使うメリットは、手動操作の場合には不可能な複雑な加工ができることです。
2軸、3軸などを同時にコントロールできるため、簡単にR加工や斜め形状などもでき、基本的に加工するものをセットする方向を変更したりする必要もありません。
また、CNCフライス盤などの場合は、1台で面加工、ねじ切り、穴あけなどのいくつもの加工ができるため、製品を動かす手間が省略できたり、設備を置く場所も少なったりします。

安全性がアップする

手動操作の場合には加工をしているすぐ近くにいる必要があるため、油やキリコなどが飛んで来る場合もあります。
しかし、CNC工作機械の場合には扉が必ず付いているため、このようなリスクがありません。

CNC(マシニング)を使うデメリットとしては以下のようなことがあげられます。

加工を自動で行うために準備が必要になります。
プログラムを作って入力したり、ワークの位置決めをしたりするなど、加工を手動操作で行う場合よりも準備が増えます。

しかし、このような準備は工夫することによって、省略したりできます。
このように、いろいろな加工がCNC工作機械は1台でできることがメリットであり、デメリットはそれほど大きなものではないため、非常におすすめです。