業務用3Dプリンターの選び方

昨今3Dプリンターの進化はすさまじく、メーカーも自社の技術を自由に表現し、競い合いながら各社成長を続けています。

どんどん進化を遂げていく3Dプリンターですが、どれだけ高機能なものでも自社のニーズにマッチしなければ宝の持ち腐れになってしまいます。種類も豊富に存在するので、どれを選べばよいのか迷ってしまうというのも正直なところでしょう。

なので今回は、3Dプリンターの選び方を業務用のものに限定してお話していきたいと思います。

業務用3Dプリンターに必要な条件は?

ずばり量産速度と、ディテールに富んだ造形印刷の精度、どの材質を利用でき、どれだけの単価で生産する事が可能なのかが主になると思います。

業務用プリンターにプラスαで欲しい機能は?

上記の条件は、選考基準の基盤とし、さらにもう一歩踏み込んだそれぞれのプリンターが持つ特徴で、最終的に絞り込んでいくのが、最善の選択方法だと思います。
たとえば、造形後に出たゴミの廃棄方法が簡易なものであれば、後処理の作業の手間がかからず、仕事がスムーズに運びます。
材質よりも大きなものを造形印刷できるものや、さまざまな材質の特徴のいいとこどりを出来る、マルチマテリアルの印刷機などもあります。

最終的には自社の事業を進めていう上で、どの機能を必要かが分かれば、自然と必要な3Dプリンターは見えてくるはずです。

家庭用3Dプリンターの選び方

3Dプリンターを購入する際、選ぶ段階で迷う方も多いと思いますので、今回の記事では、3Dプリンターの選考基準について詳しくお話していきたいと思います。今回は業務用ではなく、家庭用のものに特化してお伝えしていきたいと思います。

家庭用3Dプリンターを選ぶ際のポイント

すでに市場には家庭用3Dプリンターなるものが出回っており、安価なものであれば5万円前後から購入できたりします。

家庭用3Dプリンターを購入する上で選考の基準となるのはずばり・・・

・価格
・造形サイズ
・使いやすさ
・造形後の廃棄物の有無
・無線か否か

などが一般的な選考基準となると思います。要は何を求めていて、何ができるかが最終的な判断基準となりますが、業務用と違うのは、大きさや重さなども選考基準となるところです。

3Dプリンターの可能性はほぼ無限で、自分でデザインしたものを造形して販売してみたり、リモコンの欠品したカバーを制作して補ったり、インテリアを飾る装飾品を作ったりと、多岐にわたります。

いちばんおすすめの家庭用3Dプリンターは・・・

Formlabs Form 2 は非常にバランスのとれた家庭用3Dプリンターです。コストパフォーマンスに優れ、大型の造形も可能で、細かい部品、ディテールが必要なデザインにも幅広く対応しています。再現性の高さや値段、性能面と商品自体の見栄えする美しいデザインなど、どれをとっても他の家庭用3Dプリンターよりも頭一抜きん出ていると思います。以上の理由から現時点では、Formlabs Form 2がおすすめです。