FLASHFORGE FlashPrint が吐き出した G-Code を覗いてみた。

NC工作機械のGコードは仕事でも携わってきたので
3DプリンターのG-codeにも興味がありテキストエディタで覗いてみた
テキストエディタでは、ヘッダー部分はたぶんバイナリデータなんだろうね?
文字化けの文字が並んでて、その後、G-code部分はテキストで出てくる
改行文字は通常のWindowsのテキストの「CR,LF」ではなく「LF」のみ・・
これは、FANUC系の工作機械と同じだね
なので、「メモ帳」では改行されないで、連続文字に見えるかもしれない
私の使ってる秀丸エディタは自動認識で正常に表示してくれた
さて、FLASHFORGE FINDER に同梱されていたサンプルデータ「20mm_Box.gx」
を覗いてみると、下記の感じ

;start gcode
M118 X15.00 Y15.00 Z10.00 T0
M140 S0
M104 S210 T0
M104 S0 T1
M107
G90
G28
M132 X Y Z A B
G1 Z50.00 F400
G161 X Y F3300
M6 T0
M907 X100 Y100 Z40 A80 B20
M108 T0
G1 X-15.00 Y15.00 F4800
;preExtrude:0.20
G1 Z.20 F400
;preExtruder0
G1 X-15.00 Y15.00 F4800
G1 X-15.00 Y-15.00 E4.3504 F1200
G1 X15.00 Y-15.00 E8.7009
G1 X15.00 Y15.00 E13.0513
G1 X-15.00 Y15.00 E17.4017

…実際のプリント動作指令

G1 X9.03 Y-9.06 E737.1908
G1 X9.06 Y-9.03 E737.1922
M107
;percent
G1 E735.8922 F1800
;end gcode
M104 S0 T0
G162 Z
G28 X Y
M132 X Y Z A B
G91
M18

G1やG90など、NC工作機械にも馴染みのコードもあるけど
主に機械の補助的機能を指令するMコードはあまり互換性がない
調べてみると下記サイトが見つかった
http://reprap.org/wiki/G-code

これみると
G00 位置決め(早送り)
G01 直線補間(切削送り)
G02 円弧補間・時計回り
G03 円弧補間・反時計回り
G04 ドウェル・一定時間停止
G28 機械原点復帰(指令軸のホームへ移動)
G90 絶対座標系(アブソリュート指令)
G91 相対座標系(インクレメンタル指令)
M06 工具交換
ここらは、NC機械と同じですね

プリンタ特有なのは
M118 ?よく分からない。プリントの最大値なのかな?
M140 ベット温度設定。これはFINDERではあまり関係なさそう
M104 エクストローダー温度設定。
M107 ファンOFF
M132 軸のオフセット設定?よく分からないが初期設定みないなものかな?
G161 指令軸の最小点に移動させる
G162 指令軸の最大点に移動させる
M907 軸のモータ電流設定?これもよく分からないがおまじない?
M108 エクストルーダ速度設定
M106 ファンON
M18 すべてのモーター無効(終了コード?)
E指令 フィレメントを押出す長さ指令(mm)
; 記号 コメント行
こんなところか。

まぁ、分からない指令は、おまじない的に書くとして
「G0」「G1」「G28」「G161」「G162」あたりの組合せで
ある程度の動作は、させられそうですね。
会社では新しいNC機械が入ってくると、ランニング運転用として
機械の最大最小付近を動作するようなNCデータを作成するのですが
そんなイメージのFINDER用G-Codeを作成してみたいと思います

っと思い、適当にテキストエディタでヘッダーの後にコードを編集し
そのデータを、FlashPrint へロードしてみたけど、読込んでくれない!

う~ん、たぶん、ヘッダー部分をエディタが壊したんだなぁ?
秀丸のバイナリモードで、オリジナルデータと壊れたデータを比べると
なるほど・・・
オリジナルの[0x00]ヌル文字が[0x20]スペース文字に変換されてた。
たぶんテキスト的には、ヌル文字なんて意味がないので
テキストエディタは勝手に変更しちゃうんだろうね
おそらくwindowsのメモ帳も同じような処理をするんじゃないかな?
これじゃ、テキストエディタでは、FlashPrintのG-codeの編集は無理!
そうなると、バイナリエディタで編集するしかないか?
と言う事でネットで探してみるとバイナリエディタ自体は
いろいろ見つかった。その一つを試してみると、
16進表示での編集になりそう。これでG-codeを入力するのには、
ちょっと面倒だなぁ
しょうがない、ヘッダーはバイナリのままで、G-code部分は
テキスト入力で、改行は「LF」にするプログラムを
暇つぶしに作ろうか~
使う人はあまりいないかもしれないけどね~
もしかすると、他のスライサーで出力したデータをコピペで
利用できるようになるかもしれない

FLASHFORGE Finder キャリブレーション

「ツール」⇒「設定」で出てくる「キャリブレーション」
何だろ?と思って押してみる。

ヘッドが移動して、テーブルが上がり、水平だしの時のセンサーでテーブルを確認し停止
よくわからず、そのまま確認してしまうと、大変なことに・・・

次に水平だしをしてテスト印刷するも、樹脂が空振りして空中でグニュグニュ状態で印刷できない
壊れたのか?そういえば、購入前のアマゾンのカスタマレビューにこんなのがあったなぁ

Amazon CAPTCHA

この人の場合は、突っ込んだみたいだけど、私の場合幸い空振り・・
でも最初は問題なかったから、たぶん「キャリブレーション」を押したのがまずかったに違いない!

ネット上では「キャリブレーション」の記事はみつからなかったけど、添付されていた

「ユーザー様へ」の資料の「トラブル」の項目にそれらしいのがみつかった

  • 本体をリセットします
  • タッチパネル設定からキャリブレーションを実行します
  • ーZをタッチしてヘッドとプラットフォームが接続できるぐらいに調整します
  • プロセスを完了します
  • プラットフォームを手で2cm程下に下げます
  • 電源を入れなおします
  • 水平だしを実行します

これだ!

早速やってみるけど、「ヘッドとプラットフォームが接続できるぐらい」と言うのが難しい

じじぃの目ではよく見えない・・

そこで紙をはさんで、あたりを見ながら、ーZボタンをおしてヘッドをさげてみる

一回押すごとに、「0.1mm」下がるみたい。

私の場合、「-2.2」で紙が抜けなくなったので、「-2.1」で調整しました

これで、電源OFFの後、再度「水平だし」を行う事で、正常にプリントできるようになりました

私が考えるに、この「キャリブレーション」は「ホットエンドノズル」と「センサー」の位置設定のように思います。

おそらく、ヘッドをバラさなければ、出荷前の設定で設定し直す必要はないと思いますが
この「キャリブレーション」簡単に押せてしまう割には、あまり情報がないので素人にはトラブルの原因になりそうな気がします

「水平だし」後に「キャリブレーション」を適当にやると、ぜんぜん印刷できなくなる事もあるし

もう少しこの二つの説明がほしいと思います

もしかすると、前のアマゾン投稿の人も、ここら辺の設定ミスかもしれませんね~

初めての、3Dプリンター。FLASHFORGE Finder

定年でとりあえず再契約
たぶん、だんだん自由時間も増えるだろうから、とりあえず3Dプリンター買ってみた
いろいろ調べたけど、結局は使ってみないと分からないみたいね~

トラブルも少なそうで、日本でのサポートもしっかりしていそうで、値段もそこそこだったのでこいつにしました。FLASHFORGE Finder

セッティング方法は、日本法人がUPしている動画でほとんど問題なくセッティングできましたがちょっと迷った箇所を書いておきます。

  • プラットフォームは取り外し可能です。とありますが、最初は結構硬くてなかなか取れません
    結構力を入れることで取り外しできした
  • 水平出しで、最初、全てのネジを閉めてから・・・とありますがどっちに閉めるのか悩んでしまいました。下側から見て閉める方向です。上からみると、半時計方向になります
    ようは、テーブルが下にさがる方向になります
  • 動画では一度に水平だしが完了するようにも思いますが、実際には3箇所順番に操作します
    まずは、左手前でセンサーがテーブルにタッチして、ネジを戻すように指示がでます
    まわしていくと、テーブルがセンサーに近づきビープ音がなります。ビープ音の状態で検証ボタンを押すと再度チェックが始まり、まわし過ぎたり、足りなかった場合にはその旨の指示が出ます。OKになれば次の箇所へ移動し調整を行います
    この操作を3箇所で行い。水平だし完了と表示されれは、水平だしは完了です
  • 次に樹脂の押し出しを行いますが、最初はなかなか出てこなくて、出てきても動画のようにまっすぐでなく、グニュグニュになりました。だけど、そのまま続けていくと、動画のようにまっすぐに押し出されるようになりました
  • テスト印刷のところでは、プリンターとPCの接続の方法などは詳しい説明がありません
    実際には、USBケーブルかWifiか、UBSメモリにデータを保存して実行になります
    Wifiには最初なかなかつながらなかってですが、メモリに保存されている
    ユーザーガイドに説明がありました。ただ私の環境では、DHCP設定にしてなかったが原因でした
  • また、FlashPrintを立ち上げた際、アップグレードの問いがありました
    これは、同梱されていた説明書に書いてありましたが、最初はアップグレードはしないほうがいいようです。
    アップグレードする場合には、本体ファームウェアを先に更新する必要があるようです。
    注意書きで、本体ファームが最新でなければ、最新ソフトを接続できなくなる恐れがあります・・と書かれていました
  • これは、もう少し気がつきやすいように、大きな文字で書いてほしいものです
  • いずれにしても、説明書は先によく読んだほうがよさそうです
  • 後は、下記の動画でほぼ、テストピースの印刷は完了しました
  • 思っていたよりも、綺麗で感動です

マシニングマスター「かずばん」のインダストリー4.0への挑戦

こんにちは、かずばんです。

この度、セイゾウネットのブログで「マシニングマスター かずばん のインダストリー4.0への挑戦」として記事を書くことになりました。
マシニングマスターというのは恥ずかしいですが、簡単に私の経歴を紹介させていただきます。

なんだか履歴書みたいになってしまいました(笑)

今年2月で定年退職を迎えた現在は、プレス金型を制作してる会社に再雇用で働いています。

勤続約37年、ほとんど、CAM関連の業務に携わりCAMデータ供給や、社内のNC工作機械新規設備の導入検討、立上げなどが主な業務内容になります。

使用してきた、CAMは、昔の自動プロから始まり20年ほど前に3Dに移行後、GRADE(日立造船情報システム)、Space-E(NTTデータエンジニアリングシステムズ)HyperMILL(OPEN MIND) を使用していました。

社内での立上げなどで携わったNC工作機械は、国内製では、マキノ、オークマ、OKK、安田、ソディック、ナガセ、ワイダなど、海外製では、Hauser、Moore、Hermle 、Roeders などです

立上げ業務では操作指導の他、効率化や自動化などの支援ソフトも開発してきました。
主に使用する言語は、NC言語系ではカスタムマクロや制御器専用の言語や、プログラミング言語は C++Builder を使用しています

定年で再雇用になり、今後さらに自由時間は増えてくると予想しており、ボケ防止と今後の暇つぶしにと思い、初めて3Dプリンタ(FLASHFORGE Finder)を購入して自分で作ったモデルを出力して自宅で遊んでいます。

今後は、このブログで3Dプリンターを使って作ったものの紹介や、IoTやAIなどの新たな挑戦、今まで業務で培ってきた知識などをご紹介していきたいと思います!