製品を取り外す時の、バリバリ!どうにかならないか?Vol3


前回の記事

ではラフトが終了した時点で、ガムテープを貼り付けたら、かなり効果的でした。
ただ、G-code いじったりして、面倒

どうして、ラフトをつけたんだっけ?

・製品がテープルに貼りついて剥がれにくいから!
・場合によっては、剥がすときにテーブルシートを傷つけることも。
・ラフトをつけると、テーブルとは剥がれやすいけど、今度はラフトと製品が剥がれにくい
・それで、いろいろやってみたのが、前回の記事。
・そこでベストだったのが、ラフト上面にガムテープを施してみたら、Good!

という事は、ラフトやめて、直接テーブルにガムテープ貼ってもいいんじゃない?

やってみると、結構いいです






普通に印刷できて、終わった後、ぽろンと取れるのがうれしいです





ただ問題も!

設置面積が小さい形状ならいいのですが、広くなってくると
出来上がりに底面に、ところどころ凹みが現れます

最初は、垂れ流しされたりうまく付かなかったフィラメントが悪さしているのか?と思っていましたが、どうも違うみたい
印刷時を観察していると、一層目を印刷している時に、浮いてくる箇所がありました
ガムテープが剥がれているわけでもないみたい。
ガムテープの熱影響なのか?フィラメントととの愛称なのか?
その浮いてきた、空洞のところが、最終的に凹み傷になって製品に現れるみたいですね

ベッドとノズルの隙間設定は重要

ガムテープ使用の場合には、ノズルは接触するぐらいがいいみたいです
私は、こんな方法でテーブルのセッティングはやっていますが
ガムテープを貼る前にこの設定はやったほうがよさそうです
ガムテープの上でテーブル設定をやると、フィラメントがうまく貼りつかず、グニュグニュしてしまいます



貼る前の実際のテーブル上で設定を行うと、ガムテープの厚さが約0.1mmぐらいなので、
ガムテープとノズルとは隙間はゼロか少し接触している状態になっていると思います
ちょっと、あたり気味になっていたほうがよさそうな感じです

凹み傷対策

ホットエンドの温度も少し変えてみましたが、あまり効果はなかったです
もしかすると、一層目だけ、送りスピードを遅くしたほうがいいかもしれません
でも私のプリンター用の「Flash Print」にはそのような設定はなさそうなので、結局またG-codeの編集になってしまいますね~
それも面倒なので、ガムテープの上面に、スティック糊の塗って塗ってみました

これであれば、空洞ができにくいようです。
ただどうぜん、ガムテープには貼り付いてしまいますが、テーブルに直接貼り付いているよりははるかに剥がしやすいです。
3時間ぐらいの、設置面積が大きい製品を印刷してみました。
若干線状の模様は出てきましたが、上田馬之助ほどではないです(~_~;)
この裏面も、剥がれやすくて、アイドルのオデコみたいに綺麗にしたい場合は、難しいですね~
まだまだ、3Dプリンターは発展途上です・・・というか、私には経験不足です(笑)



でもなにか、ガムテープに代わるものがないかなぁ~?

テーブルとノズルのセッティング方法

いずれにしても、ベッドとノズル先との隙間設定は重要ですね
上にも書きましたが、私はこんな方法でやっているのですが

あくまで、私個人の方法ですが
参考までに、次回少し詳しく説明したいと思います

次回に続く

製品を取り外す時の、バリバリ!どうにかならないか?

3Dプリンター暦は、まだ2ヶ月ヒヨッコなので、
まだ良く分からない事ばかりですが、印刷後とまどったのがテーブルと製品の張り付き具合です。
私の、Flash Forge Finder は、最初からビルドシートが貼ってありました。
最初のうちは、半自動の機能で水平出しを行えは、綺麗にできていましたが形状にもよりますが、だんだん、張り付き具合が悪くなり途中で反りが出て、最悪剥がれて、エクストルーダーにフィラメントが巻きついたりしてしまった。
それで、説明書には何も書いてなかったけど、付属についてきた、スティック糊を、テーブルに塗って、印刷したところ、

おぉっ、なかなかいい・・・反りもほとんど出ない。
ただ、ふき取りの有無や時期がよくわからないのでとりあえず、一日使うとウェットティッシュでふき取っています
ところが、やっぱり形状によってですが、テーブルとの設置面積が広いと張り付いてしまい、ペンキをはがすスクレイパーを買ってやってますが
無理すると、テーブルを傷つけてしまったり・・・

それで、スライサーのオプションにあった、ラフトをつけてみるとテーブルからは剥がれやすくなったけど、今度はラフトと製品がなかなか剥がれない。

酷いと、ラフトの密度が製品よりも粗くなっているようでこいつがスクレイパーやニッパではぜんぜん取れなくなってやすりでザリザリそげ落とすことも・・・

う~んどうにかならないかなぁ~
そうだ、ラフトの印刷が終了し、製品部分の印刷が始まるタイミングで何かすれば、どうにかなるか?
っという事で、Gコードをいじくって、何かする事に・・・

次回に続く・・・

FLASHFORGE Finder フィラメント交換

この機種の特性なのか?オイラのやり方が下手くそなのか?

ここ数回はやっぱり交換するときは、交換したフィラメントがすんなり入ってくれない

前回もこの記事のように先っぽを尖らせたけど、なかなか尖らすのも難しいうえ、やっと尖らせてもなかなかすんなりいかず、何度かやって、もうバラすしかなかぁ・・

と諦めかけたぐらいでやっと通った。ホッ!

それでもう少し尖らしやすくできないか?

っと思い、交換する前に、こんなもの作ってみました

ようは、手前を押さえて、先っぽをヤスリがけするもの。

フィラメントを少しづつ回しながら、ヤスリで削っていくんだけど、なかなか思う位置が上に来ないのが難点。

でも、そこそこ、先細りにはできたかな~

たぶん、カッターナイフでやるより、簡単です

で・・・交換してみた。

今回は、フィラメントを抜いたあと、少し暖めたままにしておいたのがよかったのか?

先っぽを尖らせたのがよかったのかは?ですが

すんなり、一発で交換完了しました!!

初めての、3Dプリンター。FLASHFORGE Finder

定年でとりあえず再契約
たぶん、だんだん自由時間も増えるだろうから、とりあえず3Dプリンター買ってみた
いろいろ調べたけど、結局は使ってみないと分からないみたいね~

トラブルも少なそうで、日本でのサポートもしっかりしていそうで、値段もそこそこだったのでこいつにしました。FLASHFORGE Finder

セッティング方法は、日本法人がUPしている動画でほとんど問題なくセッティングできましたがちょっと迷った箇所を書いておきます。

  • プラットフォームは取り外し可能です。とありますが、最初は結構硬くてなかなか取れません
    結構力を入れることで取り外しできした
  • 水平出しで、最初、全てのネジを閉めてから・・・とありますがどっちに閉めるのか悩んでしまいました。下側から見て閉める方向です。上からみると、半時計方向になります
    ようは、テーブルが下にさがる方向になります
  • 動画では一度に水平だしが完了するようにも思いますが、実際には3箇所順番に操作します
    まずは、左手前でセンサーがテーブルにタッチして、ネジを戻すように指示がでます
    まわしていくと、テーブルがセンサーに近づきビープ音がなります。ビープ音の状態で検証ボタンを押すと再度チェックが始まり、まわし過ぎたり、足りなかった場合にはその旨の指示が出ます。OKになれば次の箇所へ移動し調整を行います
    この操作を3箇所で行い。水平だし完了と表示されれは、水平だしは完了です
  • 次に樹脂の押し出しを行いますが、最初はなかなか出てこなくて、出てきても動画のようにまっすぐでなく、グニュグニュになりました。だけど、そのまま続けていくと、動画のようにまっすぐに押し出されるようになりました
  • テスト印刷のところでは、プリンターとPCの接続の方法などは詳しい説明がありません
    実際には、USBケーブルかWifiか、UBSメモリにデータを保存して実行になります
    Wifiには最初なかなかつながらなかってですが、メモリに保存されている
    ユーザーガイドに説明がありました。ただ私の環境では、DHCP設定にしてなかったが原因でした
  • また、FlashPrintを立ち上げた際、アップグレードの問いがありました
    これは、同梱されていた説明書に書いてありましたが、最初はアップグレードはしないほうがいいようです。
    アップグレードする場合には、本体ファームウェアを先に更新する必要があるようです。
    注意書きで、本体ファームが最新でなければ、最新ソフトを接続できなくなる恐れがあります・・と書かれていました
  • これは、もう少し気がつきやすいように、大きな文字で書いてほしいものです
  • いずれにしても、説明書は先によく読んだほうがよさそうです
  • 後は、下記の動画でほぼ、テストピースの印刷は完了しました
  • 思っていたよりも、綺麗で感動です