未来のIT大国「中国」が取り組む人工知能開発とは

過去に比べて大きな経済的な発展をみせている国の一つに、中国を上げる人は多いでしょう。
世界2位で約1,100兆円のGDPがありながら、年7%以上の驚異的経済成長を見せています。
驚異的経済成長の基盤になっているのは、安価で雇った労働力。
「安く多く」を基軸にした工業製品を生産していました。

しかし工業製品中心で戦ってきた今までの中国と違い、近年の中国は少しずつ変化しつつあります。
ドイツにあるIT調査団体が2013年に発表したレポートによると、世界のITに投資している総額は3兆5000億で、そのうち中国が占めている割合は9.5%であることが判明しました。
世界ナンバーワンの約30%を占めるアメリカにはまだまだ及ばないものの、約8%であった日本よりも大きな投資が行われていることが明らかになっています。

いまやIT大国となった中国が注目しているのが「人工知能」です。
中国を代表する「Alibaba」や「Baidu」といった企業も軒並み人工知能開発へと着手し始めています。
中国IT界の「巨人」ともいえる二社は、国内市場から手に入れた圧倒的な資金力を元手に、人工技術開発を加速的で進めているのです。

近い未来に中国が世界を代表するような人口知能を開発して、世界ナンバーワンのIT大国になる将来も不可能ではありません。

進化する中国のAI技術

中国を代表するIT企業「Alibaba」のグループ会社で、人工知能開発に関する研究を行っている「Aliyun」。
同社は新しい人工知能を搭載したサービスを発表しました。
サービス名は「DT PAI」と呼称され、「Amazon」が提供しているサービスのようにビジネス向けにビッグデータを分析・解析するためのサービスとなっています。

「DT PAI」の最大の特徴は、人工知能の技術のひとつである「ディープラーニング技術」を活用して、利用者のクラスタリングや特徴といったビッグデータ解析を、超高速で行えることです。
「Baidu」の発表によると、100ペタバイト近くのデータ量を約6時間で処理することが可能になりました。
操作も簡単で、ドラッグ&ドロップだけの操作で行える点も大きな特徴です。

「DT PAI」を利用することによって、企業側は自らビッグデータ解析のためにインフラを整える必要ありません。
簡単かつ手軽にお客さんの行動予測や分析といった複雑な処理を行うことができるのです。
さらにレコメンド機能や需要を予測するシステムなどを自社のサービスに活かすことが可能になりました。
「Alibaba」は「Aliyu」に対してすでに10億ドル以上の投資を行っており、今後もさらなる進化が実現すると考えられます。