プレス・板金・フォーミング展 MF-Tokyo2017

塑性加工技術の専門展示会

加工専門の展示会というと「JIMTOF」が有名ですが、MF-Tokyoはプレス関係で最大規模の展示会になります。両展示会は2年に1回の開催で、かなり規模が大きいです!サーボプレスをはじめとした各種プレス機械、レーザー加工機、プラズマ加工機を含む板金機械、フォーミング機械など、大型の機械はもちろんですが、工夫の詰まった曲げ加工のダイなど、日本の誇る加工技術がたくさん展示されていました。

タレパンのロボット化

Fanucなどロボットアームで段取り替えを行うラインも、組立工程や切削工程での利用が進んでいます。センサー技術によって進歩していますが、タレットパンチャーでもロボットが活躍し始めていました。

マルチフォーミング

マルチフォーミングはいつ見ても最速のプレスですね!板バネやネジ部品加工作成にも同様の構造で、多くの製造現場で今も現役で使われています。CNCやマシンがいくら進化しても、このスピードには敵わないですね!

ウィングベンド

全く曲げ痕がつかないダイがありました。

曲げを行う時に痕が残ってしまって、塗装がはがれてしまうような時に使われるものです。小さい曲げ箇所にも有効です。

ダイがパンチと合わせて動いてくれることがこういった機能に繋がっていました。

CADソフト

CADMACさんやアマダさんが加工まで含めた板金CADを展開されています。プロ向けとしてはもちろん必要ですが、どうやらFusion 360にも板金設計機能が付くようですので、これまでより安価に、展開図が取得できるかもしれませんね。

まだまだたくさんの面白い技術がありますが、やはりプレス業界もIoTへの流れ、ロボットの活用が非常に増えてきていると感じました。
「マルチフォーミング」と「AI」なんてワクワクすると思いませんか?
それではまた次回!