3DCAD・3Dプリンター・3DCAMなら【SEIZONET】HOME  >  印刷方向とサポート

Pocket

かずばん

勤続約37年、CAM関連の業務に携わりCAMデータ供給や、社内のNC工作機械新規設備の導入検討立上げなどにも携わる。
CAMは、昔の自動プロから始まり20年ほど前に3Dに移行後、GRADE、Space-E、HyperMILLを使用。
社内での立上げなどで携わったNC工作機械は、国内製では、マキノ、オークマ、OKK、安田、ソディック、ナガセ、ワイダなどで、海外製では、Hauser、Moore、Hermle など。

3D CAD

3D CAM

3Dプリンター

CNC

3次元測定器

IoT・AI(人工知能)

AI入門セミナー

更新日:2017.05.13

印刷方向とサポート

 マシニングマスター「かずばん」のインダストリー4.0への挑戦

ペットボトルキャップの頭にカメラ用のボルトを立てて、簡易カメラスタンドを作ってみようと思う

調べるとカメラ用のネジは、UNC 1/4-20 と言うことなので、外径は約Φ6.3、ピッチ1.27 ぐらい・
結構小さいし、ピッチも大きいなぁ。すぐに折れそう!

モデリングはFusion360のネジ作成で簡単にできたけど、どっち側から印刷したほうがいいか?

横と言うわけにいかないだろうな?縦にしても、どっち側でもアンダーになるからサポートが必要だろうなぁ。

とりあえず、ボトル側を上、カメラボルト側を下にして、サポートはスライスソフトの自動サポートで印刷してみるが、うまくいかない。

やっぱり、PLAだと弾力がないし、ボルト部がきゃしゃなので、はがす時に折れてしまった

サポートも一緒にモデリングしたほうがよさそうだ

どんなサポートがいいのか?ネジに接触させると、結局折れてしまいそう

よくわからないが、ネジからは、半径で0.6程度はなして、リングを何本か作成

こんなんで、再度印刷。ちょっと、離しすぎたかな?

バリがすごい。でも今度は、すんなり外れた。リングは綺麗な輪になってる。

とりあえず、ペットボトルにも装着できて、カメラもすんなり取り付いた。

でも・・・・

横にすると、もれるんだよねぇ~

もう少し、ネジの断面をキチンと描かなきゃだめなんだろうなぁ

まぁ、カメラの簡易スタンドには、なりそう。

このエントリーをはてなブックマークに追加



AI入門セミナー